読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミシンの選び方 その3 何をしたいのか?

ミシンを選ぶ時、何をしたいのかで選ぼう、洋服が作りたいのか、小物が作りたいのか・・・

といったことを目にはしたのですが、ピンとこなくて

あの機能もこの機能も欲しい、使うかもしれない・・・

とちっとも決められなかった私です。

 

ですが、今回、職業用ミシンとロックミシンを買いました。

踏み切れた理由は、何をしたいのかがハッキリとしたからでした。

 

リフォームのバイトをするようになって、ミシンをせっせと仕事で使っていたら、ミシンが身近になって、ちょっとあれ縫おう、これ作りたい!と気軽に思えるようになりました。

それはバイトをする前の思惑通りでした。

そんなある日、

 

「このような用途で使うこういったウェアが欲しいけれど、ドンピシャなものは売っていないので作れたらいいな」

 

という話を耳にしたのです。

それで、自分でデザインをして型紙引いて、とにかく一枚縫ってみました。

そしたらそれがそのまま採用されて、追加で作って欲しいと注文をいただけたのです!

 

試作品は、仕事場のミシンで縫わせてもらったけれど、何枚も縫うのに仕事場のミシンを使い続けるのは難しい・・・

でも、薄いポリエステルのすべすべ生地は、紙に挟んで縫おうともメンディングテープを貼ろうとも(これまでは薄手の生地はこのような工夫で乗り切ってたのです)、家庭用ミシンでは全く縫えなかったのです!

 

仕事場のミシンで仕上げたクォリティの、2枚目、3枚目を縫い上げる!

そのためのミシン!!

 

ということで、職業用ミシンとロックミシンを買うことにしました。

 

縫い上げたもので元をとるとかそんな算段はたっていないけれど

ミシン好きだし欲しいし

これからいろんなもの作りたい気持ちはあるし!!

買いたいんだもーん!!

 

そんな中、ネット販売する布ナプキンの縫い子さんも頼まれたりして

私はやっぱり職業用ミシンで良かったという流れなのでした。

 

どのミシンがいいのか、決められないときは

何を作りたいのかイメージできてないのじゃないかな、と思います。

具体的に作る予定を立ててから、あわせて買うのもアリだし

買わなくてもレンタルミシンや、ミシンカフェ、洋裁教室で使ってみる、作ってみて、自分にはこんな機能が欲しい、これはいらないな、ということがわかってから、探すのもアリだと思います。