読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミシンと道具 目打ちとピンセットと毛抜き

リフォームのお店でバイトをしていて、自分の裁縫箱には入っていないけど、これはいれよう!と思ったもの

 

目打ちとピンセットと毛抜き

 

です。

 

まず目打ちは穴を開ける道具にしか思っていなかったのですが、糸をほどくときにとても便利でした。

 

以前はリッパーを使っていたのですが、目打ちと糸きりハサミになりました。

布を傷つける心配が少ない感じです

 

あとは、まつり縫いやロックミシンをほどくときは特に、糸を傷つけずに引っ張ってたぐり寄せてほどくので、リッパーやハサミだと糸が傷ついて切れてしまう。

 

リッパーを使うときもあって、ジーパンの裾の縫い目を一気にほどくときです。

デニム生地は丈夫なのと、万一穴が開いてもあまり目立たないので。

ちなみに丸い方を差し込んで使います!

私は尖った方を差し込むのだと思ってました!

 

ロックミシンの縫い目が何かに引っかかってつれちゃった時に、目打ちで糸を引っ張ってちまちま調整したりもします

 

ピンセットは、ロックミシンを使うならそばに置いておいたほうがよくて

糸を通すときにあったほうが便利です。

縫うときも、手よりもギリギリまでおさえていられるのが便利です。

 

ほどく作業をするとき、細切れになった糸がたくさん布にくっついて取りきるのが面倒・・・

というとき、毛抜きが一番でした!

粘着テープや、洋服ブラシ、素手と色々比べましたが、幅広目の毛抜きがあればささっとできます!

着物リメイクでほどくときとか活躍です!

 

毛抜きはいらない人はいらないかと。

あと、そんなの当たり前なのかも?

でも私は発見だったのでした!!