読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伸びる生地や段差を縫う道具

便利な道具

ズボンのお直しをしていると、三つ折りステッチをするような普段着のものは、ストレッチしないものの方が珍しい感じです。

 

ズボンの三つ折りステッチの場合、三つ折りで三重になる分伸縮がおさえられるのと

30番という太い糸を使うため、引きちぎれることがないため

ふらっとろっくミシンではなく、普通のミシン(といっても、業務用厚物縫いミシンですが、上糸下糸一本ずつという意味で)で縫います。

 

Tシャツの裾、ジャージやハーフパンツ裾などは、伸縮を確保するためにもふらっとろっくミシンです。

 

普通のミシンで伸縮する素材を縫うと、どうしても布がずれてしまう

または、段差を縫うときにミシンが足踏みして、目が細くなったり止まってしまう

 

そんなときには、荷造り紐が活躍しています。

PPバンドです。

ダイソーでも売っているのを見かけました。

あれを、

 

10センチくらい任意の長さに切って

尖っている角をすこし丸く切って

必要なら幅も5ミリとか1センチとか整えて

片側のミシンの押さえと、布の間に挟んで縫う

 

そうすると、段差なんのその、ストレッチ問題なしで、綺麗に縫えます。

最初だけすこし練習がいるかもですが、便利です!

 

シリコンリング押さえでも同じ感じで、手間的には楽かなとも思うのですが

在庫限りとあったので、買う勇気が持てなかったです!

気に入っても使い続けられないかもというのが。

 

ニット生地を引っ張らずに縫うこと

縫い終わってから縫い目が気になるようなら、アイロンで押さえてみる

綺麗に仕上げるコツはそんな感じです。

 

ニット用ミシン糸でも、伸縮具合がメーカーによって違って

有名なレジロンはあんまり伸縮しないらしく

エッフェルが、タイツが縫えるくらい伸縮がいいそうです!