読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミシンでリフォームのお仕事の対応範囲

何ができるの?と私も働くまでイメージがなかったのですがお客様もそうらしく、メニューをガン見していたり、質問のお電話をいただいたりします。

 

洋服の丈つめ、丈だし、幅詰め、幅出し、ファスナー交換、穴のかけはぎ、デザイン変更、その他いろいろ応相談です。

洋服以外の布製品も取り扱います。

ボタン移動や長袖を半袖にとか、リュックのファスナー壊れたから交換とか、犬のチョーカーのサイズ調整とか、座席の合皮シートのファスナー交換とか、ジーパンの取れちゃったボタン穴塞いで新たにつけ直すとかカーテンとか

今あるものを直す、変更する、それも既製品の仕上がりに仕上げる、というお仕事です。

 

ミシン仕立ての浴衣や着物のお直し

私の行っているお店では店長が和裁もできるので、半襟の付け替えや、手縫いの和服のお直しもしています。

 

さらには、布や資材は持ち込んでいただいて、作るお仕事もします。

入学入園グッズはもちろん

作務衣づくりや、着物リフォーム、ユニバーサルファッションリフォーム(通院、入院、介護なんかに便利に洋服をリフォームする)なんかもやっています。

 

逆にできないことは

お店にあるミシンで対応できないもの

素材的なものだと革や、厚手すぎるもの

あとは、既製品の直したい部分の形的にミシンの押さえが入れられないことがあり、如何してもの場合はほどいて対応できるならするときもありますが、値段がかさむのでやらない事が多いです。

 

素材、デザイン、仕立て、色んなようそがあるので、実際に持ち込んでいただかないと、なかなか確実なお返事は難しかったりします。

 

詰めるのはできても、出すのは縫い代がないとできないので

同じサイズの同じ色のスラックスだとしても

3センチしかだせないもの、5センチは出せるもの、と、物によって限界が違うのです。

出すことが多いのなら、ワンサイズ上を買って、詰める方が確実にできるかもしれません。